よくTVなどで見るETCカード会社と聞いてみなさんが思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードを挙げるのではないでしょうか。
実際に多くの人が持っているのは事実です。
クレカが欲しいと現在思っている方は審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところですよね。
実際に調べてみました。
審査で重要なのは申し込み時に入力した年収などの情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引情報です。
普段あまり書かない勤務先の情報などをうっかり入力ミスしても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので注意してください。

PCなどの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?
現金主義な人もいると思いますが多くの方はETCカードを使う方が多いのではないでしょうか。
ただ、社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを作らないと利用ができません。
初めてカードを発行するときについて説明します。
自宅から手軽にできるネットでの申し込みがあります。
手軽にできるインターネットでの申し込みがあります。
申し込みでは年収などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。
結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言う話を聞くことがあります。
学生がクレカを作るのはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカの審査において優遇されているので、審査の厳しくなる社会人になる前に申し込みをしましょう。
その際、車で旅行したいと考えている方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。
若いうちからクレジットヒストリーを増やすことで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。
サイト参照⇒ETCカード審査通らない?カード作るには?【審査落ちた理由】

買い物をするときに便利なETCカードですがネット上には審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。
結論から言うと審査なしでカードは発行されません。
基本的には申し込み時に必ず審査が入ることになっています。
その理由としてはカードの発行元からすると貸したお金が返ってこないということが1番避けたいことです。
なので申し込みが入ると年収からいくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。
若い人が引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。
そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

ネットショッピングをするのにETCカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという人の話を聞きます。
この場合、落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。
例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。
こういった支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後に利用した際、引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。
最近増加しているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。
特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

買い物をして会計時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットショッピングなど利用する場面の増えているETCカードですが、若い人はまだ持っていない場合もあります。
最近では、ライブなどで電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いしかできない場合もあります。
そんな時に、クレカを持っていない人は諦めてしまうこともありますが即日審査・即日発行できるカードもあるんです。
イオンカードやセゾンなどの消費者金融系のカード会社の場合、流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、審査に合格していれば店頭でその日のうちに発行できます。

ここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で利用する機会の多いETCカードですが、審査に必要なものは何があるのでしょうか。
まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。
カード発行会社によっては住民基本台帳カードなども本人確認書類として大丈夫な場合もあります。
他には、利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所の3点は必要です。
口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、審査に通らない可能性が出るので注意しましょう。

最近、ライブチケットなどでクレカ支払いのみ対応などETCカードが必要なタイミングが増えてきました。
現在、クレカを使っている方はいいのですが使っていない場合はカード会社に申し込んで発行しなければいけません。
初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。
審査のポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と公共料金やローン支払いを滞納したことがないかという信用情報です。
収入面は年収からいくらまで貸せるかや返済能力があるのか、信用情報は滞納せずに返済してもらえるのかを見ています。

高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができるETCカードは便利ですがカード会社に申し込み、審査に合格しないと発行されません。
審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。
クレヒスとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。
そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。
最近、増えているのがほぼ全国民が持っている携帯料金の払い忘れです。
払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

ETCカードについて調査していると時折このような話を聞きます。
それは住宅ローンを払っていてもクレカは発行できるの?ということです。
そういったHPの中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカを作るときには関係ないという人もいますが両方とも信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。
審査の面でも住宅ローンを問題なく返済できていれば逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。
滞納せずにローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分が原因と考えたほうがいいでしょう。
見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

ETCカードについて周囲の人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。
中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。
ただ、絶対に電話のないカード会社というものは原則としてなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。
連絡の可能性が低いカード会社の特徴として言われているのが、最短〇〇フンなどのスピード審査をウリにしている会社です。
スピード審査の場合、申込者が多くすべての申し込みに対して、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。
機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

ETCカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なのが不安で申し込んでいないという人もいるようです。
契約社員やアルバイトではカードが作れないという都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。
結論から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。
では、非正規雇用待遇でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。
それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。
カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードでは年収が400万円以上の方向けと言うように条件が設定されています。

ローンやETCカードの審査時に重要なことって何かわかりますか?
年収を挙げる人もいれば、信用情報という人もいます。
場合によっては職業などの申込者の属性をあげる人もいますね。
では、実際にこれらは審査に当たってどんな判断につながるのかを確認しましょう。
年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを計算しています。
職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、非正規雇用の場合は収入が不安定に見られることが多いです。
信用情報は水道料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

就職をして社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてETCカードを挙げる人も多いです。
できることなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。
どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが出来上がるからです。
クレジットヒストリーがあるとローンを組む際の審査で有利になります。
逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。
クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響があります。

大きい買い物をする際やネットショッピングなど色々な場面で便利になるETCカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。
まだカードを作っていない人にとって心配なのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。
一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。
クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。
審査の際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。
住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入が入ってこないのは同じですが、ETCカードを作る際やローンを組む際に大きな違いがあります。
職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に落ちると考えていいと言われています。
主婦と書かれている場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。
その理由としてはどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。
夫が正社員として継続して安定した収入があれば返済もおそらく大丈夫だろうと判断できるためです。
作ってもあまり使わないという場合もあるため新たに作る場合は年会費無料のカードに申し込みましょう。

関連記事

    None Found